大昇造園ご案内

事業者名 大昇造園 (だいしょう ぞうゑん)
創 業 昭和 63 年
代表者 柏木 昇
所在地 東京都町田市大蔵町3019番地
電話・FAX 042(735)5382
携 帯 090-3689-9481
許 可 東京都知事許可(般ー13)第115686号
免許・資格 造園施工管理技士
土木施工管理技士
一級造園技能士
庭園管理士
東京都農薬管理指導士
雇用管理士
環境再生医
小型移動式クレーン運転技能
玉掛技能
高所作業車運転技能
車両系建設機械運転技能
大型特殊自動車免許
大型自動車免許

  「庭」とは何でしょうか。
  「日本庭園」という言葉を聞けば、枯山水や茶庭、灯籠などが連想されるように、日本
 では、「庭」は決まり事や約束が多く、難しいものであるように思われがちです。
  ですが、庭とは何なのか、突きつめて考えていったときに思い当たるのは、とても
 シンプルなことです。
  日本の長い庭園の伝統の中では、様々な造形が「庭」として試みられてきました。土が
 なくとも、植物がなくとも、石と砂利だけでも空間は庭になります。もちろん、植物だけの
 庭もできるが、そうでなくても庭になります。
  色々なことができるということは、つまり可能性がいくらでもあるということ。決まり事よ
 りも、出来る事、可能性の方が大きいのが本当の庭なのではないでしょうか。
  私たちが考える庭の条件は、とてもシンプルです。
  そこに人がいて、空間があって、その空間で人が過ごす時間が存在すること。
  ただ、これだけです。
  まず、そこに人がいなければ庭ではありません。自然界の美しい名勝地を庭と言わな
 いのは、そこが人間が存在しなくても成り立っているからです。
  そして、空間。空間がなければ、さすがに庭は造れません。
  忘れてはならないのは、人がその空間で過ごす時間です。空間を良く調和させ、居心
 地の良いものにすれば、時間はただ「流れる」のではなく、そこに暮らす人々の時間を奏
 (かな)で始めます。
  よく自然風の庭作りと言われますが、私たちは庭は、自然を手本にしながらも、自然よ
 りも美しく癒やしのあるものでなければならないと思います。
  私達は、庭作りや庭の管理を通して、「美しい音楽が聞こえてくるような場所=庭」
 を目指したいと考えています。